おでかけ

子連れ旅行で忘れてはいけない持ち物7つ

さーて、いよいよ待ちに待った子連れ海外旅行。数日前からリスト作って、準備万端!

でも、ちょっと待って!子連れ旅行の場合、念には念を。

りかママ
りかママ
あー持ってくるの忘れた…

現地でこう嘆かないために、乳幼児のいるママさん達は出発前の荷物チェックしっかりしましょう!

かくいうワタシも、先日のアメリカ旅行で苦い思いをしました…。反省も含めて、忘れがちな持ち物リストをまとめてみました!

特にこれから海外旅行に行かれる方は、参考にしてみてくださいね。

子連れ旅行で忘れてはいけない持ち物

子連れママは普段から荷物が多いですよね。

もしものことを考えて、いろいろ鞄に準備しているはずです。
ワタシはというと…どこでも買えるし、必要最低限で外出派。
 
でも海外旅行となれば話は別です。
日本のようにちらほらコンビニがあるわけでもなく、ドラッグストアがあるわけでもない。
万が一のことが起こって焦るのは、私たち親!
 
旅行先での楽しみが怒りと焦りに変わらぬよう、子連れ海外旅行の際に忘れてはいけない子供用持ち物をご紹介します。
 
このほかにも、あればいいものはチラホラありますが、今回は『忘れがちな必需品』をリストアップしてみました。
 

子連れ海外旅行の必需品!

  1. 熱さまシート
  2. ビオフェルミン
  3. バンドエイド
  4. 爪切り
  5. 子供用綿棒
  6. ウェットティッシュ
  7. ヘッドフォン
  8. 水筒

 

子連れ旅行で7つのアイテムが必需品の訳!

いつどんなときに、このアイテムがあれば助かるのか?
早速一つずつ見ていきましょう!
 
 
りかママ
りかママ
海外旅行先あるある、で事例をご紹介しますね!
 

熱さまシート

子供はいつ突然熱を出すかわかりません。
すぐにひく熱ならまだしも、突然の高熱のためにも熱さまシートは必需品!
 
 
我が家は今年の夏休みの帰国便で突然40度の発熱。
熱さまシート持っていて良かった…。
 
 

ビオフェルミン

海外の薬局で似たものを購入することもできますが、海外とは体格差があるため用量が不安。
 
ビーチリゾートでの冷えや食生活の違いから、突然下痢を起こすことも考えられます。
 
実際息子が1歳半の時に訪れたグアムでは、3日目のプール後に突然下痢に見舞われました…。
そして今回のアメリカ旅行では暑くてジュースを飲み過ぎたのか、また下痢…。
 
大人(→パパ)も同様、男の子は腸が弱いようです。(トホホ)
 
 

バンドエイド

遊びまわる子供に、擦り傷はつきもの!
現地調達も可能ですが、日本のほど至る所にドラッグストアはありません。
 
事前に準備しておくのが賢明。
 
海外のスーパーではキャラクターバンドエイドが安いので、是非チェックしてみて!
 
 

爪切り

忘れがちなのが、爪切り!子供って爪が伸びるのが早くないですか?
つい3日前に切ったはずなのに、もう伸びてる!なんて経験あると思います。
 
 
 
あと、子供の爪は薄いので突然めくれたりもします。
バンドエイドで応急処置もできますが、4泊以上の旅行には忘れず持っていきましょう!
 
 

子供用綿棒

我が家は今回の旅で忘れましたが…。忘れがちな必需品。
とくにビーチリゾートへの旅行の際は、忘れずに!
 
 
ホテルでは大人用綿棒は常備されていますが、子供用はなかなかありません。
乳幼児に大人用綿棒は大きすぎて危険です!(絶対やめてください…)
 
 

ウェットティッシュ

おそらく乳幼児のいるママなら、かばんに持ち歩いている方も多いはず。
海外へ行く際も忘れず持っていきましょうね。
 
日本ほど気の利くレストランは意外と少ないもの。
口周りや手を汚したとき、さっと拭けるようにしておくと良いでしょう。
 
 

ヘッドフォン

あるとないでは、大違い!
我が家も今年からやっとデビューしました。
 
 
フライト中のゲームやアプリ、映画の視聴にはマストハブ。
子供用だと軽いので、ストレスフリー。
ここはケチらず、準備してあげるべし。
 
 

水筒

子供用の水筒は中を空にすれば、機内持ち込みもできます!
機内で子供の飲み物頼むと、日本系航空以外は上の蓋つけてくれません…。
 
ひっくり返して怒るよりは、あらかじめ水筒に入れてあげるのが賢明。
 
アメリカ圏は飲み物が大きくて飲みきれないので、かなり重宝します。
ステンレス水筒が重かったら、100均のストロー付き水筒がおすすめ!
 
セリアのストロー水筒はdisneyものが豊富!肩掛けの紐もついてます◎
 
 

子連れ旅行の持ち物はリスト化して忘れ物を防ごう!

慣れている海外でも、あるものがないと楽しさ半減…。
子連れ旅行は、いろんなハプニングも考えられます。
 
大人はパスポートとお金があれば現地でどうにかなりますが、乳幼児は別!
事前準備していると、旅もより快適に過ごせます。
 
最後にもう一度、子連れ旅行に忘れてはいけない持ち物7つのおさらいをしておきましょう。
 
  1. 熱さまシート
  2. ビオフェルミン
  3. バンドエイド
  4. 爪切り
  5. 子供用綿棒
  6. ウェットティッシュ
  7. ヘッドフォン
  8. 水筒
 
かわいいわが子の為、そして何より最高の子連れ旅行にする為。
必要な荷物はしっかりリスト化して荷造りすると、忘れ物なく旅立てます。
 
 
出発前にリストにすべてチェックが入っていることを確認して、お出かけしてくださいね!
 
 
 
皆さんの旅が素敵な思い出になりますように…